抱っこ紐用の可愛いフードカバー人気おすすめランキング!ベビービョルン・エルゴベビー・ボバの抱っこ紐フードをおしゃれに着せ替えよう!


抱っこ紐用のフードカバーとは?

フードカバーとは「抱っこ紐についているスリーピングフードにかぶせるカバー」のことです。

抱っこ紐についているスリーピングフードの大きさや形状は、メーカーやモデルによって異なるため、 お使いの抱っこ紐を確認して専用のフードカバーを購入する必要があります。

抱っこ紐にフードカバーをつける意味・必要性は? 

赤ちゃんの月齢が低い時期は、抱っこ紐は毎日使う必需品なのでなかなか洗濯することができません。
大切な赤ちゃんのために抱っこ紐は毎日清潔に保ちたいけど、よだれや汗ですぐ汚れてしまってお困りのママやパパも多いのではないでしょうか。

抱っこ紐を複数持っていればベストですが、抱っこ紐は高額です。
家計のことを考えると、なかなか抱っこ紐の複数持ちに踏み切れないことも。

そこでおすすめなのが抱っこ紐用のフードカバーです。

赤ちゃんが汗をかきやすい頭や首が触れるスリーピングフードにフードカバーをつけることで、直接汚れが付くのを防ぎます。
汗やよだれで汚れても、フードカバーだけを洗濯すればOK。
抱っこ紐を手軽で清潔に保つためには、フードカバーが必要です。

また好きな色や柄のフードカラーに着せ替えることで、簡単に可愛くイメチェンすることもできます。
その日のファッションに合わせたワンポイントとして着せ替えるのもおすすめです。
BrilliantBaby(ブリリアントベビー)の「エルゴ専用フードカバー2R」。 エルゴベビー専用のフードカバーなので、エルゴベビーの抱っこ紐を使っていればサイズはピッタリです。 ドット柄×無地のリバーシブルデザインで、生地もしっかりしているのでガシガシ洗濯しても耐久性は安心。 同じシリーズでリバティ柄のデザインもあります。 肩紐の下にマジックテープで装着するので、長時間装着しても、赤ちゃんが抱っこ紐の中で動いてもズレにくいのは嬉しい点。 同じ柄のよだれパッドとキャリアカバーもあるので、一緒に揃えると統一感があってさらにおしゃれですね。 「次の子の出産予定があるけど同じ抱っこ紐を使いたい!」なんていう時もフードカバーだけでも新調してあげれば赤ちゃんも喜ぶハズです!

COPIII LUMII(コピールミ)
スリーピングフード

COPIII LUMII(コピールミ)のスリーピングフードです。 BABY BJORN(ベビービョルン)の抱っこ紐にはスリーピングフード自体がついていないので、 こちらのスリーピングフードを後付けするのがおすすめ。 シンプルな淡色のグレー・ネイビー・カーキの3色展開で、どのカラーもおしゃれですね。 抱っこ紐の肩パッドに装着するタイプで、しっかり固定できるのでずれ落ちてくる心配もありません。 こちらはスリーピングフード自体を取り外して洗濯できるので、カバーよりも清潔に保つことができます。 またBABY BJORN(ベビービョルン)の抱っこ紐にスリーピングフードをつければ、赤ちゃんの首のカックン防止や日差しや雨風も防ぐことができます。 スリーピングフードを使用しない時には、内側に折り畳んでヘッドサポートを覆うカバーにしたり、 赤ちゃんのおしゃぶりやおもちゃを止めることも出来ます。

Boba(ボバ)
Boba Carrier Hood(ボバキャリーフード)

Boba Carrier 4G用フードで、こちらもフードカバーではなく取り外しできるスリーピングフードになります。 カラーはブラウン・グレー・カーキーの全部で3種類。どのカラーもアッシュ系でとてもおしゃれです。 スリーピングフードなので、日よけや頭カックンの防止、授乳カバーにもなります。 また赤ちゃんの成長に合わせて使えるアジャスターもついています。 洗い替え用として、無くしてしまった時用としてもおすすめです。