抱っこ紐用の冷却グッズ人気おすすめランキング!夏の暑い抱っこ紐の熱中症対策・暑さ対策に最適な冷却シート・保冷シート・冷却パッド・冷感ケープ・保冷剤まとめ


夏の抱っこ紐の熱中症対策には冷却グッズが必要

季節を問わず使う抱っこ紐。
ママと密着する安心感が魅力ですが、密着するので夏はとっても暑いです。
汗が蒸れてあせもになったり、抱っこ紐の中で熱がこもってしまい熱中症や脱水症状の心配もあります。

コーディネートのしやすさや、パパとの兼用も考えて、黒い抱っこ紐をお持ちの方は多いと思います。
筆者も黒い抱っこ紐とベージュの抱っこ紐を持っていますが、黒い抱っこ紐の方が熱を吸収して熱くなります。
さらに抱っこ紐の素材もしっかり頑丈なものを選ぶと、熱がこもりやすいです。

そこで夏の熱中症対策・暑さ対策として、メッシュ素材の抱っこ紐を使うのがおすすめですが、 メッシュ素材ではない抱っこ紐を使用している場合には、冷却シートや保冷シートが必要です。

夏の抱っこ紐におすすめの保冷グッズとは?

夏の抱っこ紐には保冷グッズが必須です。保冷グッズには次のようなものがあります。

冷却シート
冷却シートとは、冷凍庫で冷やした保冷ジェルを専用のカバーに入れたもののことです。 抱っこ紐の赤ちゃんの背中や首の後ろに入れて使用します。
商品によって「冷却パッド」「シェルパッド」「保冷シート」などと名前が異なりますが、使い方は同じです。


冷感ケープ
冷感ケープとは、接触冷感機能・UVカット機能のついたケープのことです。
赤ちゃんが接した部分がひんやり感じるだけてはなく、紫外線から守ったり、冷房の強すぎる室内では冷気から守ったり、授乳ケープにもなったりと様々な使い方ができます。


保冷剤
保冷剤とは、冷凍庫で冷やして使う薬剤のことです。
冷凍庫で凍らせても固まらない「ジェルタイプ」が人気。
赤ちゃんの背中に入れても硬くなないので違和感なく使えます。
冷凍庫で冷やせば、繰り返し何回も使用可能です。


そこで今回は抱っこ紐用の冷却グッズとして使える「冷却シート・冷感ケープ・保冷剤」をご紹介します。
丹平製薬の冷却シート「カンガルーの保冷・保温やわらかシート」です。 赤ちゃんの背中や後頭部付近を、冷やしすぎない最適温度で5時間も保冷できる冷却シート。 特殊ジェル袋を温度調節シート入りの専用カバーで包むので、表面を適度な温度に保つことができます。
また特殊ジェル袋は、保温することもできるので、 夏は冷凍庫で冷やして冷却シートとして、冬は電子レンジで温めて保温シートとして繰り返し使えます。 特殊ジェル袋は薄型で冷やしても固くならず、赤ちゃんも快適です。 気になる温度ですが、夏は28度前後、冬は35度前後の快適な温度を5時間キープ。 抱っこ紐やベビーカー、チャイルドシートにかんたん取り付け可能。
「第8回キッズデザイン賞・子どもの産み育て支援部門」も受賞しており、「乳児の暑さ・寒さ対策に効果的」との評価も得ているおすすめの冷却シートです。

冷感ケープのおすすめ商品

日本エイテックスの冷感ケープ、「ユグノー シャダンケープ」です。 抱っこひもとベビーカーで使える便利な冷感ケープ。 体感-3℃、UVカット率97%、吸水速乾効果を併せ持つ機能生地「SHADANⓇ」を使用しています。 「SHADANⓇ」は通気性の良いさらさら素材なので、汗をかく季節でもべたつかず快適です。 またこちらの冷感ケープは、足元が袋状になっているのではだけにくく、地面からの照り返し熱も防ぐことができます。 さらにフードも付いているので、赤ちゃんの全身を太陽の紫外線から守れます。 屋内での冷房よけにも最適で、爽やかな細幅のボーダー柄は、ママのファッションにも合わせやすいです。 ワンタッチクリップでベビーカーにも装着できます。
DORACO FIRST(ドラコファースト)の冷感ケープ、「UVアイスブランケット」です。 紫外線カット機能(93.1%カット)と触れるとひんやりする接触冷感の生地を使用した冷感ケープ。 通気性が良く蒸れにくい特長があります。 抱っこ紐用の冷感ケープとしてはもちろん、ベビーカー用のブランケットとしても使用可能。 体温調節が苦手な赤ちゃんを夏の直射日光から守ることができます。 その他、冷房対策や敷物・おくるみとしても最適。 何といってもこちらの商品の最大の魅力は、おしゃれなデザインです。 シンプルなストライプ柄をはじめ、アロハ柄やフルール柄、サファリ柄などかわいらしいデザインが豊富の冷感ケープです。

保冷剤のおすすめ商品

ロッテの保冷剤「ヒヤロン」です。 一般的な保冷剤であれば、身近なコンビニやスーパー、ホームセンター、ドラッグストアで販売していますので、 事前に冷やす準備が不要で、叩くだけで氷点下になる即冷の保冷剤をご紹介します。 熱中症対策として持ち歩いておけば、緊急時に叩いてすぐ使用することができます。 氷点下~10℃の保冷温度が、室温30℃の場合は約40分持続します。 持続時間は短いですが、猛暑の中一時的にでも赤ちゃんの体温を下げたい時などには有効です。 また首や脇や頭など部分的に冷やすことができるので、メッシュの抱っこ紐をお使いの方にもおすすめ。 防災用の備蓄品としても最適な保冷剤です。