抱っこ紐用のおしゃれでかわいいよだれカバー・サッキングパッド人気おすすめランキング!サッキングパッドとは?よだれカバーは必要?についても解説します


サッキングパッドとは?

サッキングパッドとは、「抱っこ紐の肩紐部分に使うよだれカバー」のことです。
抱っこ紐が赤ちゃんのよだれで汚れないようにするため使用します。
メーカーやブランドによって、「よだれカバー」「よだれパッド」「肩ストラップカバー」とも呼ばれます。

抱っこ紐のサッキングパッド・よだれカバーは必要?

抱っこ紐の肩紐部分やママの胸元には、ちょうど赤ちゃんの口元があたります。
何でも舐めてしまう赤ちゃんを抱っこしていると、肩紐や胸元がいつの間にか汚れていることも多いハズ。

また抱っこ紐の肩紐部分やママの胸元は、ミルクの吐き戻しやおやつの食べこぼしなどでも汚れたりします。
よだれや吐き戻しは、赤ちゃんの肌のかぶれの原因にもなりますし、匂いや衛生的にも清潔とは言えません。

赤ちゃんのために抱っこ紐は毎日清潔に保ちたいけど、抱っこ紐を毎日洗濯するのは難しい…。
そんな時に便利なのが、サッキングパッド・よだれカバーです。

サッキングパッド・よだれカバーなら、毎日気軽に丸洗いできてとても衛生的。
そしてかさばらないので、替えを複数枚持ち歩くこともできます。
赤ちゃんとママが毎日抱っこ紐を快適・衛生的に使うために、サッキングパッド・よだれカバーは必要です。

抱っこ紐のサッキングパッド・よだれカバーの種類

サッキングパッド・よだれカバーは、抱っこ紐の肩紐部分につける「肩紐タイプ」と、ママの胸元部分につける「胸当てタイプ」があります。
マジックテープ、またはスナップボタンで抱っこ紐に装着します。

肩紐タイプのよだれカバー
抱っこ紐の肩紐部分は、赤ちゃんにとって舐めたり、吸ったりするのにちょうど良い場所です。
赤ちゃんのよだれで肩紐がベチョベチョになると、乾いた後にシミになってしまいます。
意外と目立ちやすい抱っこ紐の肩紐部分が汚れていたら、見た目も良くないですよね。
そんな時には、肩紐部分につけるサッキングパッド・よだれカバーが便利です。

肩紐タイプのよだれカバーには、マジックテープタイプとスナップボタンタイプがあります。 マジックテープタイプは、取り外しが簡単なのですが、マジックテープのザラザラ・チクチク部分が赤ちゃんに当たらないか心配というママもいます。
スナップボタンタイプは、取り外しにマジックテープより時間はかかりますが、赤ちゃんの肌への刺激がなく安心です。
ママに考えに合ったタイプのよだれカバーを選んでくださいね。


胸当てタイプのよだれカバー
月齢の小さい赤ちゃんは頻繁にミルクの吐き戻しをしたり、ママの胸元に顔をスリスリしたりします。
胸当てタイプのよだれカバーなら、そんな吐き戻しによる汚れを防止することができます。
また胸当てタイプのよだれカバーを使えば、ママの洋服のボタンなどで赤ちゃんの肌が傷つくのを防ぐこともできます。
赤ちゃんの洋服は肌に優しい綿素材がほとんどですが、ママの洋服は化学繊維で作られているものや、 装飾品がついているものもあるので、胸当てタイプのよだれカバーをしていれば安心です。
夏場の暑い時期は、抱っこ紐でママにピッタリくっついていると汗で蒸れることも多いので、赤ちゃんのあせもを防ぐためにも胸当てタイプのよだれカバーがおすすめです。

抱っこ紐のサッキングパッド・よだれカバーはいつから使うの?

抱っこ紐のサッキングパッド・よだれカバーは、赤ちゃんのよだれが出始める生後2〜3ヶ月から使い始めるママが多いです。

歯が生え始める生後5〜6ヶ月頃にはよだれの量が増えるので、替えも持ち歩いた方が良いでしょう。

赤ちゃんをよだれによる肌荒れから守り、抱っこ紐をよだれによる汚れから守るために、 出来れば抱っこ紐の使い始めと同時に、サッキングパッド・よだれカバーの使用をおすすめします。

抱っこ紐のサッキングパッド・よだれカバーは代用できる?

抱っこ紐のサッキングパッド・よだれカバーは、子供用のレッグウォーマーで代用することもできます。

特に新生児用のレッグウォーマーはあっという間にサイズアウトするので、一回も着用せずに履けなくなってしまうことも…。
そんな時は赤ちゃん用の柔らかくてかわいいレッグウォーマーを、よだれカバーの代用として活用してみてください。

ただし専用のよだれカバーと比べると生地の厚みが心許なかったり、マジックテープやスナップボタンがついていないので取り外しに時間がかかったりします。
大切な赤ちゃんのことを考えて、専用のよだれカバーもしっかり持っておきましょう。

そこで今回は「抱っこ紐用のおしゃれでかわいいサッキングパッド・よだれカバー」をご紹介します。
今治タオルの肩紐タイプのよだれカバーです。 赤ちゃんのよだれで抱っこ紐の肩紐がベトベトに…。 そのままにすると雑菌だらけになってしまいます。 でも抱っこ紐は洗濯しづらく乾きづらいから大変。そんな時によだれパッドを使えば洗濯も簡単で衛生的。 こちらは確かな品質に定評がある今治タオルの抱っこ紐用よだれパッド。 良質なタオルだからこそ実現した吸水性、新品の時から使い込んでもずっと変わらない柔らかい風合いと吸水性が自慢です。 巻きつけ長さ約18cmのよだれカバーなので、エルゴベビーなどの多くの抱っこ紐に装着できます。 また幅広のマジックテープ脱着式で、巻き幅の微調整も簡単です。 雑誌FIGAROのママ&ベビーグッズのベストバイ特集にも選ばれています。 嬉しいリバーシブル仕様なので、裏返して巻きつけるだけで無地と柄を入れ替えられます。 柄ものが苦手なパパは無地で使うこともできるよだれカバーです。

gelato pique(ジェラートピケ)
肩紐タイプのよだれカバー

gelato pique(ジェラートピケ)の肩紐タイプのサッキングパッドです。 芸能人ママにも愛用者が多いブランド、gelato pique(ジェラートピケ)。 こちらは淡いカラーリングでさりげなくデザインされたアニマルとアイスクリームがとってもキュートなよだれカバー。スナップボタン脱着式です。 柔らかい肌触りが魅力の上質なコットン素材に、裏地はふんわりパイル地を使用しています。 毎日使う抱っこ紐だからこそ、よだれのシミや雑菌の発生を防ぐこのよだれカバーを付ければ、衛生面も万全に。 抱っこ紐はもちろん、チャイルドシートで活躍できるのも嬉しいポイントです。

タカラトミー / ディズニー
肩紐タイプのよだれカバー

タカラトミーのディズニー(くまのプーさん)ごきげんベルトカバーです。 よだれカバーとしては珍しいおもちゃ付き。 くまのプーさんでお馴染みのハチさんがパリパリおもちゃになって、よだれカバーについています。 抱っこ中の赤ちゃんのぐずり対策に最適。マジックテープ脱着式です。 赤ちゃんがベロベロ舐めたよだれパッドはとっても不衛生で、放置すると雑菌が繁殖するためこまめな交換がおすすめです。 長時間のお出かけなら、外出途中で交換してあげると赤ちゃんも快適。洗い替え用に複数持っておくと安心です。

mikihouse(ミキハウス)
肩紐タイプのよだれカバー

mikihouse(ミキハウス)のベビーキャリー用よだれパッドです。 こちらもベビーキャリーの肩紐に取り付けるよだれカバー。 抱っこ紐の肩紐に取り付けて、赤ちゃんを抱っこやおんぶした時に、 よだれをしっかりガードしてくれます。スナップボタン脱着式。 こちらの楽天ショップで購入するとよだれカバーに刺繍の名入れをすることが可能。 よだれカバーは消耗品で、もらっても困らないものなのでギフトやプレゼントにもおすすめです。

fafa(フェフェ)
肩紐タイプのよだれカバー

fafa(フェフェ)の肩紐タイプのよだれカバーです。 抱っこ紐の肩紐部分のよだれの汚れをカバーしてくれます。 メルヘンでかわいいホース柄が特長。 スナップボタン脱着式で、簡単に付け外しが可能です。 洗い替えできるように何枚でも欲しいよだれカバーは、やっぱりかわいいものを使いたいですよね◎

HAN'S PUMPKIN(ハンスパンプキン)
胸当てタイプのよだれカバー

HAN'S PUMPKIN(ハンスパンプキン)の胸当てタイプのよだれカバーです。 抱っこ紐のショルダー部分に装着し、ママの胸カバーとして使うことができます。 赤ちゃんを抱っこ紐で抱っこしていると、ママの服はよだれやミルクで汚れてしまいますよね。 特にお出掛けの時は大事な外出着が汚れてしまうと困ります。 また、外出着はコットンでないこともあるので赤ちゃんのお肌に触れるのも心配。 そんなママにピッタリなよだれカバーです。 ハンスパンプキンのよだれカバーシートは、抱っこ紐にスナップボタンで簡単装着。 赤ちゃんの柔らかい顔に傷がつかないようカバーしてくれて、おしゃぶりしても安心です。 ママの服もしっかりカバーしてくれます。