ベビーキャリーとは?ベビーキャリーの人気おすすめランキング!ベビーキャリーの種類と選び方もご紹介


ベビーキャリーとは?

ベビーキャリーとは、赤ちゃん・乳幼児を運ぶアイテムの総称です。

主に「抱っこ紐」「おんぶ紐」「スリング」「ベビーシート」のことを指します。
ベビーキャリーは赤ちゃん・乳幼児の月齢や、目的・用途に合わせて選ぶようにしましょう。

どのベビーキャリーを購入すれば良いか迷われているママ・パパ向けに、 今回はそれぞれのベビーキャリーの特長と選び方をご紹介していきたいと思います。

ベビーキャリーの種類と選び方

抱っこ紐がおすすめの方
・初めてベビーキャリーを買う場合

どのベビーキャリーの買えばいいのか迷っているプレママやプレパパには、抱っこ紐がおすすめ。
重量がありかさばるなど小さなデメリットはありますが、やはり抱っこ紐は万能のベビーキャリーです。
赤ちゃんの成長に合わせてベルト調整もできますし、落下リスクも少ない安全なベビーキャリーと言えます。
またサイズ調整可能なので、ママやパパ、おじいちゃんやおばあちゃんともシェアして使用することができます。
シチュエーションごとに使えるように複数のベビーキャリーを揃えておけば便利なのでとても理想ですが、 「ベビーキャリーは1個で済ませたい」ということであれば長く使える抱っこ紐を選ぶのがベターです。

・おんぶ紐として兼用で使いたい場合

おんぶのしやすさからすると勿論「おんぶ紐」に軍配が上がりますが、おんぶも出来る抱っこ紐も多くあります。
1個でおんぶも抱っこも出来るので、赤ちゃんの機嫌や状況に応じて使い分けられるメリットがあります。 また赤ちゃんが抱っこ紐のおんぶで泣かなければ、おんぶ紐を買い足す必要がないのでコストを抑えられます。


スリング

スリングがおすすめの方
・寝かしつけや授乳の時に使いたい場合

赤ちゃんの寝かしつけや授乳の時に使いたい場合はスリングがおすすめ。
スリングは赤ちゃんが「お腹の中にいた姿勢=胎児姿勢」になれるので、抱っこ紐よりも自然な体勢でスヤスヤ寝ると言われています。
もちろん抱っこ紐での寝かしつけは可能ですが、縦抱きになってしまうためスリングに比べると寝苦しそうな体勢になります。
また授乳する時も、スリングならベルトを調整する必要がなく利便性に優れています。
赤ちゃんが抱っこ紐を嫌がったら、スリングをぜひ試してみてください。

・セカンド抱っこ紐が欲しい・ベビーキャリーを携帯したい場合

セカンド抱っこ紐が欲しい、携帯用のベビーキャリーが欲しい場合は、軽量でかさばらないスリングがおすすめ。
またスリングの肩からかけて赤ちゃんをスポッと入れるだけの手軽さも魅力。
抱っこ紐やおんぶ紐はスリングに比べて構造が複雑な分、パーツも多く金具も付いているので、重量がありかさばってしまうのが難点です。

おんぶ紐

おんぶ紐がおすすめの方
・家事を効率よくしたい場合

赤ちゃんの機嫌を確認しながら家事をするのはとても効率が悪いです。
掃除・炊事・洗濯の時に赤ちゃんがぐずってしまうとスムーズに家事を進められません。
そんな時はおんぶ紐がおすすめ。
ママ・パパは両手が空くので家事をスイスイ進められますし、赤ちゃんは背中にいるので揚げ物をしても油が飛ぶ心配がありません。
また抱っこ紐とは異なり、おんぶ紐の場合赤ちゃんは抱っこしてる人と同じ目線で周囲を見ることができます。
高い目線と動く周囲は、赤ちゃんに様々な刺激を与えて好奇心を高める効果があります。
ただしおんぶ紐は、「赤ちゃんの首がすわってから」でないと使い始めることが出来ないのでご注意ください。

ベビーシート

ベビーシートがおすすめの方
・出産退院時に新生児を連れて帰りたい場合

ベビーシートは「取っ手の付いた持ち運べるチャイルドシート」なので、病室で新生児をベビーシートに乗せてママ・パパが手で持ち運び、 そのままベビーシートを車に装着することができます。
新生児を抱っこする必要がないので、もしベビーシートで寝てしまってもそのまま起こさずに運ぶことが可能です。

・車での移動が多い場合

6歳未満の子どもを車に乗せる場合は、チャイルドシートの着用義務があります。
出産直後の新生児であっても車ではチャイルドシートを着用しなければなりません。
ベビーシートは生後0ヶ月~12ヶ月まで対応しているチャイルドシートにもなるので、車での移動が多い方にはおすすめです。

・バウンサー・ロッキングチェア・ゆりかごとして兼用で使いたい場合

自宅での使用はもちろん、遊びに行ったお家でもバウンサー代わりになります。
また座敷席のある飲食店やレストランでは、赤ちゃんの居場所を確保することができます。