3歳~4歳の幼児向けのDVD人気おすすめランキング!ディズニー・体操・歌・ダンス・知育・数字・リトミックのDVDまとめ


3歳・4歳の幼児におすすめのDVD

3歳くらいになると、自分の名前・年齢・簡単な質問には答えたりし始めますよね。 自分のお気に入りのアニメキャラクターができるのもこの年齢くらいからです。 しかし3~4歳では映画の登場人物の相関関係まで理解するのは難しいと思います。 そこで今回は歌やダンスなど動きが多い内容で、1~2歳向けよりも少しお話し重視のDVDをご紹介します。
Disney(ディズニー)の「ミッキーマウス クラブハウス/かぞえてみよう」です。逃げた数字を捕まえていく内容で、ストーリーを通じて数字に親しめる知育DVD。それぞれのディズニーキャラクターが、解決方法を考えて問題を乗り越えていくので教育的にもおすすめ。ミッキーマウスクラブハウスの4話に加えて、リトルアインシュタインが1話、合計5話収録。音声も字幕も2カ国語で入っており、使い方に応じて好きな組み合わせで使えると思います。数字に興味を持ち始めたお子さんにはおすすめ。一般的なディズニー映画は恐い場面や驚くシーンが必ず挿入されていて子供は見ないことが多いですが、こちらのDVDなら安心してミッキーと一緒に数字に親しむことができます。

Disney(ディズニー)

Disney(ディズニー)の「シリー・シンフォニー」です。今回ご紹介の中でも特に一押しのDVD。シリー・シンフォニー (Silly Symphony) は、ウォルト・ディズニー・カンパニーによって製作された短編アニメーション映画作品シリーズです。通常の映画と違って、10分以内に収まる短編作品集なのでたくさんの物語を楽しむことができます。初期のディズニーらしい繊細な動きと表情、微妙な色使いがとても素敵で大人も癒されます。会話がないのにストーリーの意図やキャラクターの意思がはっきり伝わるので、子供も視線釘付けで何度も見ます。最近のディズニーが大雑把に見えるくらい細やかな動きは、本当に何度見ても飽きません。自分の子供や孫にも残したい作品です。

それいけ!アンパンマン

それいけ!アンパンマンの「ぴかぴかコレクション アンパンマン誕生・アンパンマンとばいきんまん」です。アンパンマンやばいきんまんの誕生、しょくぱんまん、カレーパンマン、おむすびまんといったレギュラー・準レギュラーキャラの初登場話も入っている今ではなかなか見ることができない内容のDVDです。劇場版映画のアンパンマンは、収録時間も長くお得感はありますが、3~4歳ではストーリーを完全に理解するのは難しいので、こちらの短編集をピックアップしました。初期デザインのアンパンマンなので、やなせ先生の原作に近い雰囲気で分かりやすく作られています。現在のみんなのヒーロー「アンパンマン」という感じではなく、アンパンマンがまだ小さくてドジをしたり弱かったり…。人間味溢れるアンパンマンの原点となる作品です。

きかんしゃトーマス

きかんしゃトーマスの「トーマスのはじめて物語/The Adventure Begins」です。トーマスファンならもちろん、トーマス初心者や電車好きのお子さんにもおすすめの作品。テレビシリーズ第一期の一部をリメイクしたCG版ダイジェストです。トーマスが緑カラー、ジェームスが黒カラーで登場したり、仲良くなる前のレギュラーメンバーのやりとりも見どころです。普段はあまり登場しないエドワードがこの作品では大活躍します。残念ながらパーシーとエミリーは登場しませんので、あしからず。

しまじろう

しまじろうの「しまじろうのわお! うた・ダンススペシャル Vol.1」です。「しまじろうといこうよ」「みんなでやるたいそう」「ムシバのうた」など歌12曲とお話3話分が収録。PVは子供の目を引くような映像になっており、楽しく踊れる構成に仕上がっています。歌とダンスの間にしまじろうのショートアニメを挟むので、子供でも飽きずに観ることができます。3~4歳の体操・リトミックの前段階としておすすめです。